専門学校に通って声優を目指す人が増えています。ここでは学校へ通う前に用意するものを取り上げます。

HOME>オススメ情報>声優を養成する専門学校へ通う前に必要なものとは

声優になるには専門学校が近道

映像に声をのせる職業である声優。アニメやナレーション、海外映画やドラマの吹き替えなど活躍する場は広いです。声優としての基礎を身に付けるためは、専門学校の声優コースに通う方法があります。

学校へ通う前に用意するもの

  • 出願書類に必要事項を記入して提出します。
  • 学校で定められた入学選考料金を支払います。
  • 受験時は学校からもらった受験票を持参します。
  • 入学に必要な入学金や授業料を納めます。
  • 電車やバスで通う人は通学定期券が必要です。
  • 授業で必要なことをメモするための筆記用具。
  • 専門学校から指定されているテキスト類。
  • 美しい日本語を伝えるためのアクセント辞典。
  • 自分の表現を確かめるためのボイスレコーダー。
  • ダンスなどの体力作りができるような運動着。

憧れの職業です。

マイク 人から注目される仕事は、若者を中心に関心が高いことが多いですが、それらの登竜門となる声優の専門学校もそのひとつです。声の仕事は、ビジュアルに自信がなくても実力があれば起用してもらえる場合もあり、好きを仕事に出来るので挑戦する人は少なくありません。また、声がよいことで得するシーンが多い現代では、ナレーションやアナウンスのような質のよい話し方は、声優でなくても必要なスキルです。声優の専門学校でいろいろと学んだことは、社会に出てからも役立つ場合がありますし、自分の表現力を磨けます。また、容姿を武器にしてアイドル的な職業に就けたり、芸能活動をしたりする人もたくさんいますから、チャンスを掴むためにも必要な勉強として注目されています。

質の高い講師に教われます。

スタジオ アフレコなどが出来るように、声優の専門学校では質の高い講師が教えてくれますから、素質があれば上達は速いです。プロの憧れの声優が指導してくれる専門学校もありますから、現場での必要なスキルが学べて実践することが可能になります。

現場で役立ちます。

女性 キャラクターに合わせて声を出さなければならない声優は、基本的な発声の他にも独特の表現力が求められます。また、作品によっては歌を担当することもありますから、専門学校でキャラクターのイメージを壊さないくらいの実力を、身に付けることが必要です。それら全てをふまえた上で学び実践をすれば、現場で困ることはありません。